気持ちよく寝るためには布団の正しいお手入れが必要です

人間が質の高い深い眠りに付くには、体温を下げる必要があります。
その際、人は一晩の睡眠でコップ一杯分程度の汗をかきます。
敷布団に7割、掛布団に3割の水分が吸収されています。
この発汗作用には身体の老廃物や油脂分を放出し、新陳代謝を促す働きがあります。
ですから、日干しや水洗いによって布団を衛生的に保ち、布団本来の機能を維持させてあげる必要があります。
高温多湿な気候のわが国において、健康的な睡眠のためにふとんの日干しは欠かせません。
日干しは、寝具の吸湿・発散性を高めるだけでなく、紫外線による殺菌効果も持っています。

正しい布団のお手入れ方法を知って、気持ち良く眠れるようにして下さい。

布団のお手入れ方法

「綿布団」のお手入れ方法

■布団を天日干しする
布団にはアレルゲンとなるダニが必ずいます。
ですから天日干しすることによって湿気をとり、日光消毒効果で殺菌、殺虫する事ができます。
お天気なら毎日でも干してもいいですが、2〜3日に一度ぐらいでも問題ありません。
ですが、前の日が雨の場合などは湿気が多くなりますので干すのは控えた方がいいです。

■布団はバンバン叩いてはいけません
よく天日干しをした後に、布団叩きでバンバン叩いているのを見かけますが、
あれは布団にとっては良くありません。
叩けば叩くほどホコリが出ますが、あれは中綿が壊れて出てきているだけなのです。
ですから、干した後は手で表面のホコリを振り払い、取り込んでから掃除機をかけるようにしましょう。

■布団の保管方法
布団をしまう際にも、干している間に押入れなどの換気をするようにしましょう。
また、押入れなどには乾燥剤や除湿剤を置く事で保管状態が良くなります。
圧縮袋などで長期保管する場合はよく天日干しをした後にするようにしてください。
再度使用する際は、湿気や臭いがあるので天日干ししてから使用するようにして下さい。

■布団が汚れた時
布団を汚してしまった場合は、布団の専門店や布団を扱っているクリーニング業者に頼むか、
ウォッシャブル布団であれば、家庭で洗濯しても良いです。

布団の収納アイテムはこちら

「羽根布団」のお手入れ方法

■日常のお手入れ
羽毛布団に使われている側生地は羽毛が出てこないように高密度の織物で作られています。
それでも小さな隙間から羽根が出てきますので、掃除機などで吸い取るようにしましょう。
羽根布団は長時間の日干しは羽を痛めるので、頻繁にする必要はありませんが、
2〜3週間に1度程度は殺菌消毒のために日干しする事も必要です。
その際、直接日光にさらしてしますと側生地や羽を痛めるので、布団カバーはつけたままで、
30分〜1時間程度にしましょう。
それでも、真夏などは極力日陰に干すようにしてください。
高温になるとダウンボール(球状の羽毛)が割れやすくなり、保温性が低下してしまします。

■布団はバンバン叩いてはいけません
羽根布団も叩いてはいけません。
叩くと羽がつぶれて機能性がおちてしまいます。

■布団が汚れた時
人は一晩でコップ1杯の汗をかきます。
その汗を羽が吸い取ることによって羽が丸まってしまいます。(ピリングといいます)
大体、掛布団で3年、敷布団で1〜2年でピリングが発生してきます。
これは、水洗いすることで元に戻り、機能性を回復できます。
ですから、掛布団は3年に1回、敷布団は2年に1回水洗いを行いましょう。
但し、ご家庭で洗うと臭いやシミができる事が多いので、専門の業者さんにご相談する事をお薦めします。
汚してしまった場合は、濡れタオルで軽く拭き落としドライヤーなどで乾かすようにしてください。

■羽根布団の保管方法
羽根布団を陰干しで湿気と熱をとってからシーツや風呂敷に包んで保管してください。
羽根布団を保管する際は、布団圧縮袋は極力使わないようにしてください。
羽の硬い部分が側生地を破る原因になります。
どうしても圧縮袋を使う際は、空気を全部抜かずに1/4程度の厚みにして下さい。
保管期間も6ヶ月以上は保管しないで下さい。

「羊毛布団」のお手入れ方法

■日常のお手入れ
羊毛は吸湿・発散に優れています。
睡眠中の汗を外へ放出するのでいつも快適な状態に保ちます。
羽根布団同様あまり長時間の日干しはダメですが、30分程度なら大丈夫です。
その際、カバーなどをかけるようにしてください。
また、取り込んだ後はホコリなどをとる為に軽く掃除機をかけてください。

■布団が汚れた時
クリーニング店や専門業者にお願いしましょう。
丸ごと水洗いするので、側生地や中綿の汚れが落ち綺麗になります。

■羊毛布団の保管方法
長期間使わない場合は、風通しの良い場所に防虫剤などと一緒に保管してください。
上に重いものなどは乗せないで下さい。
また、布団圧縮袋などは使用しないで下さい。羊毛が押しつぶされてしまいます。
保管の際は、風呂敷など通気性の良いもので包むようにしてください。

毛布のお手入れ方法

■アクリル毛布のお手入れ方法
普段のお手入れとしては、天日干しで風にあてる程度で十分です。
洗濯する場合は、ご家庭でできるものもありますが、ドライクリーニングなどを使いましょう。
保管する場合は、よく乾かしてから湿気な少ない所に保管して下さい。

■シルク毛布のお手入れ方法
普段は風通しの良い場所で湿気を取りましょう。この時日光に当てないようにして下さい。
長期間保存する場合でも、乾燥材を入れ上に布団を重ねないようにしましょう。
また、しまいっぱなしにせずにときどき日陰で風に当てましょう。

■純毛毛布のお手入れ方法
普段は風通しのいい日陰で乾燥させるようにして下さい。
ある程度干した後は、毛並みに沿ってブラッシングしてください。
洗濯はウォッシャブル表示のものはご家庭でも洗えますが、
光沢や風合いを損なう場合もあるのでクリーニング店でドライクリーニングがいいですね。

羽毛布団の打ち直し

せっかくの羽毛布団なのに、ちょっと汚れたからとかで捨ててしまうのはもったいないと思いませんか?
そこで、布団の打ち直しで更に長く使ってみてください。

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】グリーン

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】グリーン

20,000円
21,000円(税込)

詳細 | 購入

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】ピンク

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】ピンク

20,000円
21,000円(税込)

詳細 | 購入

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】ブルー

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【19212】ブルー

20,000円
21,000円(税込)

詳細 | 購入

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】グリーン

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【19212】ピンク

20,000円
21,000円(税込)

詳細 | 購入

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】ピンク

羽毛布団の打ち直し(リフレッシュ)【お手軽コース】(シングル掛→シングル掛/普通仕立)【ミュート】ブル―

20,000円
21,000円(税込)

詳細 | 購入

おススメ寝具

布団セット 通販 毛布 通販 ホットテックス毛布 通販 タオルケット、ブランケット 通販 掛け布団カバー 通販 布団シーツ 通販 枕 通販 抱き枕 通販 マットレス 通販 空気清浄機 通販

Copyright (C) 2009 布団 通販 寝具のヨクネル All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。